京都工場紹介

京都工場は、佐賀工場(佐賀県)、富士小山工場(静岡県)に続く国内3つ目の自社工場です。
京都工場の稼働により生産能力を高め、今後の1,000店舗体制へ向けての基盤作りとすることを目的としています。

キャベツ
キャベツ
キャベツ
キャベツ
FUJIOYAMA FACTORY REPORT 01

キャベツ

キャベツを始め、リンガーハットで使われている野菜は、すべて国産。
異物混入対策として、工場に届いたキャベツは、専用の台車に移し替えAGV(無人搬送車)で生産ラインに運ばれます。
規定のサイズにカットし、水洗い、殺菌、計量、包装、検査まで行い、1日約4tのキャベツを処理しています。

玉ねぎ
玉ねぎ
玉ねぎ
玉ねぎ
FUJIOYAMA FACTORY REPORT 02

玉ねぎ

玉ねぎの芯を取ったら食べやすいサイズにカットし、殺菌後はすべて水洗いしています。
使うお店側の事を考え、玉ねぎを含む野菜類(キャベツ、もやし、人参、青ねぎなど)は1袋30食で統一して袋詰めをすることで無駄をなくしています。

野菜
野菜
FUJIOYAMA FACTORY REPORT 03

野菜

工場内でカットされた際に出る野菜のくずは、1箇所にまとめられるようになっており、溜まったものは、肥料の原料として使用されています。

きくらげ
きくらげ
きくらげ
FUJIOYAMA FACTORY REPORT 04

きくらげ

乾燥したきくらげを12時間以上かけてゆっくりと水戻ししていきます。産地が異なるきくらげを使用しているので、大きさや歯ごたえもそれぞれ違う食感をお楽しみいただけます。

ぎょうざ
ぎょうざ
ぎょうざ
ぎょうざ
FUJIOYAMA FACTORY REPORT 05

ぎょうざ

リンガーハットで人気の「薄皮ぎょうざ」。京都工場では1日約3万食分を出荷しています。
処分する部分を最小限にするために、型抜きしたぎょうざの皮をもう一度伸ばして再利用しています。機械での異物混入チェック後は、皮の破れや形の不良が無いかを目視にてチェックしています。

配送
配送
配送
配送
配送
FUJIOYAMA FACTORY REPORT 06

配送

関西・中京・北陸エリアのリンガーハット・濵かつのお店(約130店舗)に、新鮮な野菜などの原料を毎日運んでいます。
材料搬入口には、外からの害虫の侵入を防ぐバグシャッター(エアーカーテン)が設置されています。

工場で働く人達
工場で働く人達
工場で働く人達
工場で働く人達
FUJIOYAMA FACTORY REPORT 07

工場で働く人達

品質管理や工場作業員、配送トラックの運転手、それらの人達をまとめる管理部門、たくさんの人が京都工場とリンガーハットグループを支えています。そして全員がご利用いただくお客さまに感謝し、感謝される仕事を目指しています。

工場紹介

佐賀工場
佐賀工場
佐賀県神埼郡吉野ヶ里町大曲4550-5
TEL.0952-53-1145 FAX.0952-53-1147
操業開始 1983年6月
敷地面積 22,657m2
従業員数 約350名
工場見学レポート
富士小山工場
富士小山工場
静岡県駿東郡小山町棚頭224-5
TEL.0550-78-1351 FAX.0550-78-1399
操業開始 1988年8月
敷地面積 16,820m2
従業員数 約210名
工場見学レポート
京都工場
京都工場
京都府京田辺市大住門田20
TEL.0774-66-6952 FAX.0774-65-1772
操業開始 2019年5月
敷地面積 17,439m2
従業員数 約80名
工場見学レポート
長崎ちゃんぽん リンガーハット
とんかつ 濱かつ
とんかつ大学
長崎卓袱 浜勝
リンガーフーズ株式会社
リンガーハット開発株式会社
株式会社ミヤタ