1974年、長崎市宿町の1号店開店以来、着々と歩みを進めてきたリンガーハット。 現在では、九州・中国地方から関西、関東地区、さらには海外を含む536店舗(2013年5月31日現在※海外含む)を展開するナショナルチェーンに成長しました。ブランド化されたパッケージにより、ちゃんぽん=リンガーハットという程になり、圧倒的な差別化を実現しています。

■濵かつは九州を中心に展開する創業して50年を超えるとんかつ専門店。首都圏への出店も加速中です。

食べることは、健康に生きること。急速に高まる健康志向や食品の安全性を求める声に先駆けて、リンガーハットでは国産野菜にこだわり野菜の栽培段階から深く関わり、手をかけています。

■濵かつでは、国産野菜をはじめ4種のハーブ(オレガノ、シナモン、ジンジャー、ナツメグ)と純植物性飼料で育てられた国産ハーブ豚やブランド豚の原産地を詳細に表示しています。

関東・九州の2カ所にある工場では、主にめん・ぎょうざ・チャーハンなどの生産のほか、キャベツや豚肉のカット加工を行っています。品質管理の徹底に努めると共に、全国各店舗での味の均一化、調理の効率化に貢献しています。

■濵かつでは、リンガーハットのノウハウをいかすのはもちろんのこと、地域にマッチしたブランド豚やお米を使用し、地域に根差した経営を行っています。

ブランディングイメージを崩さずに、グランドメニューを軸とし季節ごとに旬の野菜を使用した新商品のリリースや、お客様の様々なニーズに対応できる商品をリリースすることで、外食の楽しさを提供しています。

■濵かつでは、朝食メニューやキッズメニューを実施中。新たな顧客開拓に向け商品開発を進めています。