既存店の業態変更に伴い麺業態のフランチャイズ展開企業を模索していました。そこで注目したのが「リンガーハット」。ブランドへの意識の強さ、地域貢献を理念とする企業方針が当社理念と一致することなどから加盟を決めました。立地調査の結果、自社内での競合なども鑑みて通常のリンガーハットより大きい「居酒屋タイプ」で行くことに決まり、オープンまでに4ヶ月しかないハードスケジュールでしたが、会長をはじめ役員の方々も早急に立地確認などを行っていただき、多くの支援により無事にオープンができました。研修がスタートして驚いたことは、「企業使命観」「実践訓」を筆頭にあらゆる営業マニュアルが揃っていること。内容も「なぜ」そのようにしなければいけないかまで詳細に説明されているので理解がしやすかったです。また、それらを活用してトレーナーが一つ一つ確認しながら、個々が同じ進捗、理解となるように指導していくので、スタッフも全員レベルアップしていきました。

リンガーハットに加盟してみて改めて実感したのが、品質管理へのこだわりやオペレーションの効率性追求で「お客様を待たせないスピーディーな商品提供」、そしてFL管理システムなどの店舗運営により「おのずと利益が出る仕組み」、この品質と利益追求の両輪がマニュアル化され理にかなっていることに驚きました。
さらに継続的なフィールドコンサルタントによるフォローアップもあるので、リンガーハットを愛する方ならば安心して加盟できると思います。今後私たちの戦略としては、駅を脱出しての市中展開拡大に向け、その基幹店舗として「リンガーハット」を展開したいと考えております。


私たちは2011年に「食をテーマとする新規事業」を展開するため、株式会社ナチュラルフーズを設立しました。本業とは全く違う分野への新たな挑戦であったため、業界NO.1の実績・信用があるフランチャイズ先を検討していたところ、商品力、実績共に素晴らしかったのが「リンガーハット」でした。さらに、九州、関東では圧倒的な知名度ですが、関西ではまだまだ店舗数が少なく、ビジネスチャンスの可能性があることが窺えました。加盟契約前から関西での出店候補立地を検討する中で、条件が合う物件がなかなか無かったのですが、リンガーハットの本部からアリオ八尾店を紹介いただいて決断しました。

加盟前に最も重視していたのが、早期回収よりも商品力・教育システムの充実でしたので、実際にオープンしてみて、この魅力を実感しています。本部のサポート体制がしっかりしているので、日々の運営も安心してできています。今後は関西圏を中心に多店舗展開を進めていきたいと思います。特に私たちの基盤である和歌山市周辺での出店を早期に達成し、リンガーハットと共に発展していきたいと考えています。