2015年

新着情報

「働き方改革」 ~環境改善で働きやすい企業に~
リンガーハットは働き方を改革します!
営業時間の短縮、「65 歳定年延長」の導入、サービスの機械化を推進

株式会社リンガーハット(本社:品川区大崎、代表取締役社長 秋本英樹)は、働き方改革の一環として、4月1日(土)から長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」の53店舗の営業時間短縮、既に導入している正社員の定年を60歳から65歳に延長する「65歳定年延長」、一部店舗におけるサービスの機械化を通じて働き方改革を推進してまいります。

「営業時間短縮」 ~雇用を確保し、サービスの向上を~

弊社では昨年より一部店舗での「営業時間短縮」、閉店時間30分前のオーダーストップを推進してまいりました。そして、4月1日(土)からはさらに首都圏の店舗を中心に53店舗で営業時間を短縮いたします。各店舗で閉店時間は異なりますが、最短30分、最長5時間短縮いたします。この営業時間の短縮により、従業員の安定的な雇用確保やモチベーションの向上を目指します。また多くのお客様にご来店いただくランチタイムやディナータイムに従業員を手厚く配置等、「営業時間短縮」によりお客様へより質の高いサービスをご提供いたします。

「65歳定年延長」 ~賃金や昇給など60歳以前と同様に~

弊社では正社員を対象に本年3月1日(水)より「65歳定年延長」を導入しています。正社員の定年を現状の60歳から65歳に延長し、定年延長後も賃金・賞与、昇給・昇格は60歳以前と同様とする制度です。希望者を対象に、60~64歳の間でも定年することを選択できる選択定年となります。選択定年後、希望者については、再雇用契約社員および時給制のアルバイトに雇用形態を変更して、ご本人の状況や人生設計にあわせて働き続けることができます。今回の制度導入により、スキル豊富なシニア社員の能力を活かす場を広げ、より働きやすい企業を目指して改革してまいります。

「機械導入」 ~従業員の負担を減らします~

弊社では長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」、とんかつ専門店「濵かつ」において、生産性向上と従業員の働きやすさ向上の為、一部店舗において業務の機械化を推進しています。具体的には、オーダー時の「タブレット注文」をはじめ、お会計時の「自動釣銭機」、ご飯のおかわりをセルフ化し自動でご飯を提供する「自動ごはんおかわり機」を設置いたしました。業務を機械化することで、従業員の負担軽減を目指します。

「濵かつ小金井公園店」で実際に導入されている機械

注文タブレット
注文タブレット

自動釣銭機
自動釣銭機

自動ごはんおかわり機
自動ごはんおかわり機

ウェイティングシステム
ウェイティングシステム

↑このページのトップへ
株式会社リンガーハット
【 本社 】
東京都品川区大崎1-6-1TOC大崎ビル14F
TEL 03-5745-8611(代) FAX 03-5745-8622