2012年

新着情報

2012年 リンガーハットグループは創業50周年を迎えます

リンガーハットグループ創業50周年記念ロゴ

リンガーハットグループ(株式会社リンガーハット代表取締役会長兼社長:米濵和英、福岡本社:福岡市博多区、東京本社:大田区大森北)は、創業日の2012年7月22日(日)で創業50周年を迎えます。

リンガーハットグループは1962年7月22日、長崎市鍛冶屋町にとんかつ専門店「とんかつ浜勝」を創業したことから始まりました。1974年には現在の「リンガーハット」の原型となる「長崎ちゃんめん」を長崎市宿町に開店し(現・リンガーハット長崎宿町店)、1977年には名称を「リンガーハット」に改め全国展開を開始しました。2012年2月現在、「長崎ちゃんぽん リンガーハット」を497店、「とんかつ浜勝」を107店、卓袱料理専門店「長崎卓袱浜勝」を1店運営し、グループ全体では約600店舗を運営しております。また、リンガーハットはタイ、アメリカで3店舗を運営しており、今後一層積極的にアジアを中心とした海外展開を行ってまいります。

今回の創業50周年に際し、「長崎ちゃんぽん リンガーハット」、「とんかつ浜勝」でそれぞれ長崎の食材をふんだんに使った創業50周年記念メニューを発売するなど、いままでお世話になった皆様に感謝の気持ちをお伝えしていきます。

創業は1962年「とんかつ浜勝」から

イメージ
「とんかつ浜勝」1号店(1962年)

リンガーハットグループはとんかつ専門店から始まりました。ジューシーなうまみとやわらかな肉質が特徴の、ハーブを配合した植物性飼料で育てた「国産ハーブ豚」のとんかつが主力商品です。

ちゃんぽんのナショナルチェーン「リンガーハット」

イメージ
「長崎ちゃんぽん リンガーハット」1号店(1974年)

2009年10月よりグループ全店で使用野菜を全て国産化し、麺の小麦も国産のものを使用しています。主力商品「長崎ちゃんぽん」「長崎皿うどん」のほか、480グラムの国産野菜を使用した「野菜たっぷりちゃんぽん」が人気商品です。


リンガーハットグループ沿革

1962年 7月22日 長崎市鍛冶屋町にとんかつ浜かつを創業
1964年 3月 株式会社「浜かつ」設立
1968年 11月 「郷土料理別館浜勝」(現:長崎卓袱料理専門店「卓袱浜勝」)を開店
1974年 8月 長崎市宿町に長崎ちゃんめん(現・リンガーハット)第1号店を開店(長崎宿町店)
1978年 9月 福岡県春日市に北部九州本部を開設
1979年 2月 東京都新宿区に東京本部(昭和63年3月東京本社と改称)を開設
1979年 9月 関東地区第1号店(通算第37号店)を埼玉県与野市(現・さいたま市)に開店(大宮バイパス与野店)
1981年 3月 「長崎皿うどん」の販売を開始
1982年 8月 株式会社浜勝を株式会社リンガーハットに商号変更
1983年 6月 佐賀県神埼郡東脊振村(現吉野ヶ里町)に佐賀工場を新設
1985年 10月 福岡証券取引所に株式を上場
1988年 8月 静岡県駿東郡小山町に富士小山工場を新設
1994年 4月 関西地区第1号店(通算第225号店)を大阪府東大阪市に開店(東大阪西堤店)
1994年 8月 中京地区第1号店(通算第230号店)を愛知県岡崎市に開店(愛知岡崎店)
1995年 4月 SC(ショッピングセンター)内出店第1号店(通算第243号店)を長崎県大村市に開店(イオン大村店)
1998年 7月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
1999年 11月 福岡本社を福岡県福岡市博多区豊に移転し、当社グループ各社の本社機能を集約
2000年 2月 東京証券取引所、大阪証券取引所の市場第一部に指定替え
2005年 3月 リンガーハット・500号店を福岡県福岡市に開店(福岡橋本店)
2006年 2月 とんかつ浜勝・100号店を福岡県福岡市に開店(福岡大名店)
2009年 4月 ぎょうざに使用する野菜を国産化
2009年 10月 長崎使用するすべての野菜の国産化を実施
2010年 4月 リンガーハット・タイ1号店「バンコクK-Village店」をタイ国バンコク市に開店
2010年 6月 リンガーハット佐世保大野店で日本初の麺業態のドライブスルー開始
2011年 3月 レストラン運営会社リンガーハットアメリカインク(RINGER HUT AMERICA,INC.)とフランチャイズ契約を締結し、アメリカ第1号店の「リンガーハット サラトガ店」をオープン
↑このページのトップへ
株式会社リンガーハット
【 本社 】
東京都品川区大崎1-6-1TOC大崎ビル14F
TEL 03-5745-8611(代) FAX 03-5745-8622